ベストプラクティス募集

(1)ベストプラクティスを募集します

応募期間:平成25(2013)年7月30日(火)~8月31日(土)

「本事業の目的」で述べたとおり、「中小企業者・小規模事業者の抱える諸課題に対し、中小会計要領を活用して経営を良くした具体的な事例(経営改善が具体的な数字で表れている事例があればそれも含む)を評価し、ベストプラクティスとして発信するための事例を募集します。

自薦・他薦いずれでも結構です。
「応募フォーム」内に記載しております「応募要件」に同意いただける方は、「応募フォーム」に必要事項を入力いただき、ご応募願います。

※ベストプラクティスとして選定された場合、ベストプラクティス集として、中小企業庁や各支援機関が実施するイベントなどで冊子が配布されたり、ウェブサイトでベストプラクティス集が公開されるなど、広く周知されます。
※応募受付完了は、「応募フォーム」にご入力いただきましたメールアドレスへのお礼メール送信にてかえさせていただきます。
※不明な点などございましたら、「お問い合わせ」をご確認いただき、本事業の事務局までご連絡ください。


(2)ベストプラクティス選定の流れ

「中小企業の会計を活用したベストプラクティス集作成事業」スケジュール

「中小企業の会計を活用したベストプラクティス集作成事業」スケジュール

ご応募いただきました事例の中から、審査委員会による審査を実施し、掲載候補企業として50社を選定します。選定された50社に対し、事務局が直接訪問取材を行わせていただき、ベストプラクティス集のドラフト作成を行います。
取材にご協力いただいた企業様に内容をご確認いただいた上で、ドラフトの内容を審査委員会にかけ、最終的な判断を行います。

このページのトップへ

平成24年度 中小会計要領フォーラム 開催報告