日刊工業新聞社

通信教育講座TOP

機械設計
包装
HOME > 第52期 包装技術学校/受講のおすすめ

第52期 包装技術学校

包 装
6カ月 90,000円
+税
2017年6月15日 ~
2017年11月30日
包装技術学校/消費者包装コース
(基礎コース修了後)
6カ月 90,000円
+税
(基礎コース受講後)
2017年12月15日 ~
2018年5月31日
包装技術学校/工業包装コース
(基礎コース修了後)
6カ月 90,000円
+税
(基礎コース受講後)
2017年12月15日 ~
2018年5月31日


■受講のおすすめ  
line1

 「包装技術学校」は、2015 年6月で設立から50年目を迎え、最も歴史のある包装関連の通信教育講座です。開講以来、多くの包装関連企業の教育担当者様に評価をいただき、これまで14,700名余の修了生を送り出してまいりました。

 本講座の特色は、専門性と併せて社会ニーズを捉えた充実したカリキュラムにあります。節目となる今期は、大幅に内容を見直したテキストによる学習と課題レポート、各コース20時間にわたるスクーリングに講義・実習・見学会など、充実した内容で構成されています。それぞれのカリキュラムは、現場経験豊富な講師陣がわかりやすく解説・指導いたします。

 現在の経済環境の中、モノづくりにかかわる企業にとって「高付加価値化」、「生産・販売の効率化」の追求は、「安全・安心の提供」、「環境・循環型社会」、「高齢化社会」に加えて焦眉の課題になっております。
 このような現状下、技術革新を図るには、包装の専門家、そしてモノづくりにかかわるあらゆる分野の皆様が、包装に対する考え方・技法を改めて基礎から身につけ、より広い観点で捉え、取り組みにあたる必要があると言えます。

 この機会に、包装材料、包装機械、流通、物流関連など包装技術に直接携わる方はもとより、生産技術、品質保証、商品開発など幅広い業務に従事する方々に第51期「包装技術学校」の受講をお勧めいたします。

line2

【本校の特徴】
基礎的な知識を学ぶ基礎コース6カ月間、専門的な知識を学ぶ消費者包装、工業包装の専門コース(各6カ月間)で構成されます。

50年間の実績をもとに「企業内教育」に相応した極めて成果の高い通信教育です。
遠距離・地方の方、仕事が多忙な方。これらの方々でも働きながら学習できます。
現場経験が豊富で業界の第一線で活躍する講師陣による書き下ろしテキストの使用と、丁寧な添削指導、スクーリングの相乗効果でより一層理解度が深まります。
スクーリングではテキストの補完、最新のトレンド(環境型社会への対応、安心・安全対応、高齢化社会やユニバーサルデザイン化)などを学習するほか、実習・工場見学など実務に即した経験を積むことができます。
スクーリングは各コースとも、期間中に2日間ずつ2回実施します。専門コースまで進むと合計8日間の受講ができます。
基礎・専門コースの全コースを修了し、規定単位を取得した方には「包装士認定証書」と「認定証(カード)」が授与されます。


●カリキュラムシステム●
本講座は、全員が基礎コースを受講して、包装全般の知識を習得し、その上で専門コースの消費者包装コースか工業包装コースのどちらかに進みます。基礎コースの修了者には「修了証」が、基礎コースと専門コースの修了者には「包装士認定証書」が与えられます。

corce

corce


●学習のすすめ方●

schedule


メールによるお申し込みは、下記EXCELファイルに必要事項をご記入の上、【edu@media.nikkan.co.jp】にお送り下さい。 FAXによるお申し込みは、下記お申込み用PDFをダウンロードして必要事項をご記入の上、お申込み下さい。

第51期通信教育包装技術学校募集要項

Copyright 2016 THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.