日刊工業新聞社

通信教育講座TOP

包装
HOME > 第52期 包装技術学校 > 工業包装コース



 基礎コースの終了後に、輸送のため工業包装を習得します。内容物の保護と経済性を両立させるために必要な材料知識、包装技法、および物流知識などで教科内容を構成しています(カリキュラム内容に若干変更がある場合もあります)。スクーリングは日時・会場が決定次第お知らせします。


テキスト名
単位数 教科内容
1
工業包装の役割と機能
2
●工業包装とはなにか ●工業包装に要求されるもの ●包装用材料と包装形態 ●物流過程で遭遇する障害 ●障害からの保護の方法 ●標準化 ●環境問題への対応 ●ユニバーサルデザイン・パッケージ ●電子商取引に係る包装、適正包装、工業包装に関係する規格
2
輸送用包装容器
2
●段ボール(種類と特徴、製造方法、物性と規格) ●段ボール原紙(種類、物性、規格) ●段ボール箱(種類・規格、形式、製造方法、設計方法) ●機能性段ボール(防水、美粧、導電) ●木箱(種類、構造、規制) ●海外団体と段ボール規格 ●段ボールのリサイクル推進シンボル
3
紙・金属・プラスチック
2
●紙・紙製品(種類、工業包装用の薄紙・板紙、特性、重袋、紙器、ファイバードラム等) ●工業包装用の金属容器(18L 缶、ドラム缶、コンテナー等) ●プラスチック(分類・種類・性質・成型、フィルム、成型容器、工業包装用プラ容器) ●環境への影響(法規制とマーク表示)
4 接着・封緘・結束の
技法と材料
2
●接着機構(表面張力・濡れ) ●接着剤(分類・作業管理・試験法) ●包装の接着剤利用(貼合せ、再湿糊、粘着、ホットメルト) ●封緘・密封(ステーブル・ガムテープ・粘着テープ・接着剤、クロージャー) ●結束と結束材(バンド材・結束方法、利用と固定、他の結束材)
5 緩衝包装設計 2
●緩衝包装設計について ●緩衝設計のための力学の基礎 ●緩衝理論 ●緩衝包装設計の手順 ●緩衝材の特性評価 ●緩衝設計技法 ●設計上の注意事項
6 包装貨物試験規格と方法 2
●試験の前処置 ●包装貨物の衝撃試験 ●包装貨物の振動試験 ●包装貨物の圧縮試験 ●製品の強さ ●計測、測定
7 防湿と防錆の包装技法と
包装設計
2
●防湿・防錆包装の目的 ●防湿包装(基礎知識、バリア材、測定方法、防湿包装設計、外部環境) ●防錆包装(防食の概要、防錆の概要、防錆方法の方法、錆止め処理材料、防錆包装設計の概要)
8 包装に関わるIT技術 2
●包装に関わるIT技術 ●包装設計と包装試作 ●製品の強度解析と包装設計 ●包装貨物試験、包装材料試験 ●流通環境調査と試験規格 ●グラフィックデザイン ●環境におけるIT技術関連 ●IT技術による物流革命
9 国際物流と包装 2
●モノ造りの国際化と物流 ●国際物流と各種輸送機材 ●パレットとモジュール化  ●国際物流における輸送ストレス ●設計における注意事項 ●試験計画と試験規格

スクーリング(1)
必修(2日間)
4  

スクーリング(2)
必修(2日間)
4
教科単位数合計 26 必要履修単位数 20


メールによるお申し込みは、下記EXCELファイルに必要事項をご記入の上、【edu@media.nikkan.co.jp】にお送り下さい。 FAXによるお申し込みは、下記お申込み用PDFをダウンロードして必要事項をご記入の上、お申込み下さい。

第51期通信教育包装技術学校募集要項

Copyright 2016 THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD.