プラスチック射出成形金型の設計 部品図作成編 1巻 部品図作成の基礎知識

関連カテゴリ:プラスチック

販売価格(税込) 30,800 円
収録時間 28分
監修 宮本 和男(宮本モールドエンジニアリング(株))
制作年 1986年
内容

 射出成形されたプラスチック製のカメラ部品やVRTカセットなどの寸法はμm単位の精度が要求され、それらの母体となる金型にはそれ以上の精度が要求されます。
 図面作成にはCADが用いられるようになりましたが、CADを使いこなすためには設計の知識がなければならないことはいうまでもありません。
 このような意味で、いま設計技術者の養成が急務なのです。
 このビデオでは、金型加工用図面である部品図作成の基礎知識と例題による部品図の作成をわかりやすく解説しています。

第1巻 部品図作成の基礎知識[28分]
1.ねじ
 1)締め付けねじ
 2)吊ボルト
 3)冷却水用継手
2.寸法公差とはめあい
 1)寸法公差
 2)はめあい
 3)穴基準と軸基準
 4)表面粗さ
 5)寸法公差・仕上げ記号の表示方法
3.基準面
4.インサートのかん合
5.標準部品の使用法

ご購入はこちらから