工程ばらしのノウハウ 1巻 基礎編

関連カテゴリ:生産管理

販売価格(税込) 30,800 円
収録時間 30分
監修 関根 憲一((株)付加価値経営研究所)
岩崎 澄男((株)付加価値経営研究所)
新井 啓介((株)付加価値経営研究所)
制作年 1988年
内容

 トヨタ生産方式の現場改善の中身は「工程ばらし」です。"工程"とは物づくりの流れをいい、"ばらし"とは現方法の否定を意味しています。
 ばらばらの状態にして、そこから目的に必要なもののみを取り出し再組み立てする。工程ばらしの目的は作業人員を1/2にする方策ですから徹底したムダとりの技術です。
 このビデオの特色は誰にでも自社に合ったTPS(トヨタ生産方式)が実践できるよう「手順と定石」を紹介しながら実例を豊富に取り入れてまとめました。

第1巻 基礎編[30分]
トヨタ生産方式(TPS)に必要なものは㈰ハードの自動化㈪ソフトのジャストインタイム㈫少人化ラインづくり。
この3つの中心となるのが、「工程ばらし」です。
ここでは工程ばらしの考え方を、従来方式との比較によって解説します。
1.TPSとは
2.F社の少人化ライン
3.TPSと従来方式のちがい
4.工程ばらしの手順
5.Uラインづくりの定石

ご購入はこちらから